見た目年齢を高くするシミやしわ

見た目

シミやしわが多い、あるいはできやすいという人は、見た目年齢が高く見えがちです。それを防ぐには、まず日焼け止めを常に携帯して、紫外線をブロックするようにしましょう。しかしシミならともかく、なぜしわに紫外線が関係あるのかと思うかもしれません。実は紫外線はシミのみならず、しわができるのを早める働きもするからです。これを光老化(こうろうか)と呼びます。

紫外線にはUVAとUVBがあります。このうち、いわゆる日焼けの状態を作り出すのはUVBです。日焼けをすることで肌の表面が乾燥するようになります。またUVAの方は、肌の真皮層にまで届いて、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えるようになり、肌の保湿機能が低下するようになります。

こういった理由から、光老化を遅らせるには、紫外線をブロックするのが何よりも大事になります。またスキンケアは、保湿をたっぷりと行い、乾燥を防ぐようにします。もちろんシミを作らないように、ホワイトニングの化粧品を使ったり、あるいはターンオーバーをよくして、メラニンの排出を促したりすることも心がけましょう。それから不規則な生活や夜更かしをやめることで、肌がいい状態に保たれ、見た目年齢も若くなります。