スマホもシミやしわの原因

スマホ

シミやしわができてしまう主な原因といえば、加齢、紫外線、摩擦などの刺激、スキンケア不足、肌の乾燥、角質のバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れ、不摂生な生活習慣などがありますが、スマホもシミやしわの原因になってしまうことがあります。スマホの何がシミやしわに影響するかというと、画面から発せられるブルーライトと操作するときの姿勢にあります。

ブルーライトは肌へのダメージとなってしまいメラノサイトから生成されたメラニンの色素沈着を促してしまう作用がありますし、操作に集中していると姿勢が猫背気味になり下を向いた状態になるので顔のたるみや顔の筋肉の低下につながってしまいます。それがシミやしわに結び付いてしまうというメカニズムです。

ブルーライトへの対策としては、ブルーライトをカットする効果があるフィルターを使用する、ブルーライトを効果的にブロックすることができる日焼け止めを使用する、日頃から保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高める、メラニンの色素沈着を抑制するためにビタミンCを積極的に摂取するなどがあります。姿勢への対策としては、なるべく高い位置で操作するようにして猫背にならないようにするということが大切です。