紫外線でシミ・しわ

紫外線

シミやしわといった年齢肌、女性としては出来るだけ作りたくないものです。加齢によって出来るというイメージが強い年齢肌ですが、実は光老化によっても引き起こされます。光老化とは太陽の光を浴びた事で、肌が老化する現象の事を言います。太陽の光を浴びると、紫外線によるダメージから肌を守ろうとしてメラニン色素という色素が、大量に作られるのですが、このメラニン色素が肌に沈着する事によってシミができるのです。

また、光老化を引き起こす紫外線にはA波という種類があり、このA波が近年、大きく肌を老化させるという事が分かってきました。A波は肌の奥深くにまで入り込みます。肌の奥にはコラーゲンやエラスチンといった、肌にハリや弾力を与える物質が、まるで網目のように張り巡らされています。A波はこれらの物質にダメージを与えて、変形させてしまうのです。

コラーゲンやエラスチンが変形してしまう事で、肌表面のハリや弾力性が失われてしまい結果、しわやたるみを引き起こしてしまいます。日焼け止めを塗るなどの対策を行わないと、光老化によってどんどん肌は老けてしまいます。ですので、日頃から光老化対策を行う事がアンチエイジングに繋がるのです。